エアコン取り付けの向きのポイントは

設備を使う場合には、効率のいい場所が存在します。機能を発揮できるようにするための条件であり、エアコン取り付けにも位置と向きが重要な要素になってくるでしょう。効率的に使えるようにするために必要であり、のちの電気代にもかかわってくる重要要素になってくるため、エアコン取り付けでは十分に気をつけておかなければいけません。

エアコン取り付け時の向きと風の特性

エアコン取り付けの向きが大切になってくるのは、エアコンの特性がかかわってくるからです。エアコンは、冷やしたり温めたりした空気を風として送り出します。部屋の中で滞留させながら、室温を変化させていくことになるでしょう。この風は、曲がったりすることができません。特性として、直進しかできないからです。障害物にぶつかれば力を失いますし、曲がりながら進むこともありません。つまり、部屋の中で効率的に使っていくためには、できるだけ直進していく条件をそろえるということになってきます。

直進するという特性を考えると、部屋を見た時に、壁の短辺方向に取り付けて、長辺に対して向きを合わせて風を流していくことが効率的ということになってきます。さらに、障害物などにあたりにくいように、高い位置を取ることにもなるでしょう。できるだけ遠くまで風を送れるようになれば、それだけ室温の変化ももたらしやすくなるため、電気代の節約にもつながってきます。エアコン取り付けで重要な意味を持ってくる部分です。

室外機との関係も考慮する

室外機エアコン取り付けでは、向きを考えると同時に、室外機との関係も考えておかなければいけません。改めて削孔するとなったときでも、向きは大きなウェイトを占めます。室内機は、できるだけ室外機との距離が短いことが要件となってくるでしょう。配管を通すことになりますが、長くなればなるほど、配管から熱損失が生まれます。熱損失が生まれることによって、エアコンは稼働させなければならなくなるため、効率が落ちて電気代も多く消費しなければいけません。

室内機の向きも重要ですが、効率という面で室外機の向きも考えておかなければいけなくなります。削孔できるかどうか、既存のスリーブを利用できるかどうかというところにもつながってくるため、単純に壁の短辺に取り付けられるとは限らないでしょう。短辺にすることによって、スペースが確保しにくいといった問題も出てきます。サッシがある場合には、カーテンレールもあるはずです。エアコンには、室内機の周囲に隙間を空けなければ、吸入口を生かすこともできませんし、効率が悪化してしまうことになります。サッシが邪魔をするだけではなく、カーテンレールが干渉しやすいという問題も抱えるでしょう。

エアコンの首振りや壁からの反射も利用できるのは確かです。直進させるだけではない機能も持っていますが、どちらの方法も、なにか障害物にぶつけて風の角度を変えている点に注意が必要です。障害物にぶつけることになるため、風のエネルギーを使い勢いが下がるとともに、到達できる距離が短くなります。当然効率が落ちることになるため、その分電気も使うことになるでしょう。効率の悪化は、さまざまな面に影響します。

どの位置に普段座るのか、利用しているのかといったことも考えなければいけません。いくら効率的に風を送れても、利用している場所に届かないのであれば意味がありません。必要とする要件を整理しながら、エアコン取り付け業者とともに、向きを検討していくことが重要です。エアコンの機能として問題もありますので、どれぐらいの風を送ることができるのか、設定温度も考えておくと、効率のいい向きを見つけられるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket