エアコン取り付けの基本的な流れ

エアコン取り付けには、一定の流れが存在します。基本的な部分ではありますが、エアコン取り付けをおこなう業者や状況によっても変化するため、すべてが同じではありません。それでも、基本的な流れを知っておけば、様相もしていない追加料金なども対応しやすくなりますし、トラブルが発生するのを防ぐのにも役立つでしょう。

室内機を取り付けるまで

室内機一般的な室内機は壁面で室外機との分離型では、エアコン取り付けに据え付け版が必要になります。固定するための板で、水平に取り付けられるように調整することも可能です。据え付け版の設置には、ビスを打つことになるため、しっかりとした固定ができます。室内機は見た目以上にかなりの重さを持っているため、かなり重要な工程といえるでしょう。据え付け版に隙間があったりすると、振動が発生してしまい、音がするだけではなく、最悪のケースとして異常をきたすことになるため、しっかり固定しなければいけません。

スリーブが取り付けられていないときには、壁に穴を開けていかなければいけません。穴をあける際には、壁裏センサーを使って、筋交いなどがないかを確認して、コアドリルを使って穴を開けます。削孔した状態でそのまま配管するのではなく、スリーブ管を入れてコーキングするのが大切です。これによって、一定の壁の気密を確保できるとともに、雨が回ってきたりすることも防止できるようになります。

エアコン取り付けの前に、本体にすべての配線をつなぎこむ必要があります。端子に接続されているわけではないため、ケーブルを加工しながらつなぎ込みして取り付けられるようにしなければいけません。冷媒管も準備しておき、必要な長さを確保したうえで加工します。室外から室内に通して仮敷設してから、室内機につなぎ込んでトルクレンチを使って接続して設置できるようにするのが重要です。化粧テープを使って巻き上げてまとめておきます。

室内機の準備が終わったら室内機を据え付け版に固定します。各機種の専用の据え付け版になっているため、必ず収まるように作られているのが特徴です。取り付ける際には、安全のためにも、取り付け方向を間違わずに、ずれたりしないように収めることが重要になってきます。室内機が固定できると、配管などの位置が決まってくるため、しっかりと固定する場所を定めて化粧カバーを設置することが大切です。化粧カバーは不自然になると存在が目立つようになるため、長さも合わせながら違和感がないように取り付けなければいけません。

有資格者が取り付けること

室内機の取り付けが終わると、室外機を設置していきます。室外機の正面にはある程度のスペースが必要であり、背面もスペースを取らなければいけません。振動も起こすため、下には軽量プラブロックなどを使いカサ上げをして固定します。真空ポンプを使い、室外機から空気を抜き、真空引きをおこなうことが必要です。室内機側から水差しを使い、排水が正しくおこなわれるか、水漏れがないかを確認してから、試運転を始めます。アースが取れる場合には、アース棒を埋設して確保することも可能です。

エアコン取り付けは流れがありますが、臨機応変に対応することも必要になってきます。振動などが発生しないように注意して取り付ける必要があるとともに、電気工事士の資格がなければ取り付けはできません。流れがわかったところで、無資格者が取り付けをおこなっていくのは大変危険です。電気を使っているというところが資格のポイントになってきますが、重量物を壁に取り付けるということが重要にあってきます。もしも、しっかりと取り付けられていなければ落下することにもつながるのですから、信頼できる業者に依頼してエアコン取り付けはおこなわなければいけないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket