エアコン取り付けの手順とは

エアコンの取り付けを行う際にはどのような手順で工事が進むのでしょうか。エアコン工事の手順を理解しておくと見積もりの際にも自分に納得した上で工事を依頼することができるでしょう。また自分の家のことですのでどのようにエアコンが設置されておくのかをしっかりと確認することも大事です。ではエアコン取り付けがどのように行われていくのかその手順をご紹介します。

まずは壁に穴を開けます

穴エアコンを取り付ける際に最初に行うことは壁に穴を開けるという作業です。この穴がなければ室内機と室外機を通すための配管を結ぶことができません。自分で行うことはほとんどないかもしれませんが、もしも自分で行う場合には一度穴を開けてしまうと壁の補修にお金がたくさんかかってしまうので十分に注意しましょう。また取り付け業者とよく相談した上でエアコンを設置する場所を十分に検討してから穴を開けるようにしましょう。エアコンの設置場所によってはオプション工事がかかってしまうような場所や、エアコンの本来の性能が十分に発揮できないような場所もありえます。様々な条件を考えた上で自宅で一番エアコンを取り付けるのに適した場所に設置するようにしましょう。

無事に穴を開けたら次はエアコンの室内機を壁に固定するための金属の板を取り付けます。この板の取り付けが終わればいよいよ室内機を壁にかけることになります。壁にかける時にはエアコンの重さによって手を滑らせて、下に落とさないように注意しましょう。エアコンそのものの故障にもちろん繋がりますし、下に人がいた場合大怪我をしてしまうこともありえます。

室内機が無事に取り付けできれば次にいよいよ室外機と配線を結ぶようになります。冷媒配管をトルクレンチで接続しその後ドレンホースを接続していきます。このように室内機と室外機がしっかりと接続されたのを確認してそこを通した穴をパテ埋めをしていきます。そしてこの際に真空ポンプでエアパージをすることも忘れてはなりません。そうすることによって部屋の中から伸ばした配管と室外機の内部を乾燥させることができるのです。ここまで来れば後はそれぞれのガスのチェックを行い、渡り配線を接続して工事は終了となります。

オプション料金がかかる場合

オプション工事として代表的なのは室内機と室外機を通すための配線が元から付いている流すでは足りない場合に延長することです。元々は4メートルほどの配管がついていますがその長さでは室内機と室外機を接続することができないということもあります。特に室内機と室外機がそれぞれ一階と二階に分かれているような場合には4メートルでは足りません。こうした場合には延長するための配管を用意しなければならずその分のオプション料金がかかります。さらに配線を目立たなくするための化粧カバーを取り付けることも可能ですが、これもやはりオプション料金が必要です。どれぐらいの料金がかかるかはどの程度の長さが必要なのかによって変わってきますので、もしも希望する場合には事前に十分に見積もってから工事を依頼することにしましょう。

このようにエアコンは取り付けられて行くことになります。基本的には取り付け業者に依頼する方が早くて安上がりではありますが、もしもどうしても自分でエアコンを取り付けたいと思う場合には、必要な器具を一部レンタルするなどしてエアコンの設置を行うこともできます。しかし自分で行ったとしてもトータルでかかる費用としては取り付けの業者に依頼する方が安くなるということも少なくありません。取り付け業者の場合には万が一取り付け後にトラブルがあった場合5年や10年と言った長期の保証期間を設けていることもありますので、トータル的に見ると業者に依頼する方が良いと言えるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket